土日休みの看護師求人

土日はきっちり休める看護師求人を探したい!

どうすれば、効率よく土日休みの看護師求人が見つかる?

土日休みを確保することは決して不可能ではありません。
求人の探し方を工夫すれば、土日に休める求人を探し出すことができます。

 

とはいっても、通常の方法ではめったにお目にかかれません。
ハローワークや求人雑誌を介しても、なかなか条件に合うものはないでしょう。

 

ではどうすれば良いのか。看護師転職サイトを利用しましょう

 

仕事の選び方としては、救急救命がある病院・入院患者の多い病院は避けるべきです。
シフトに定められている休日でさえ、満足に取れないことも多々あります。

 

土日休みが確実に取れる求人の一例としては、企業の求人が良いでしょう。
基本的に休みが安定しているので、土日祝日の休みが確保できます。

 

ただし、企業の求人はあまり出回ることがありません
募集人数もごくわずかなので、応募するときはしっかりと対策を練ってからにしましょう。

 

看護師転職サイトでは、あらかじめ登録した希望条件に基づいて求人検索が行われます。
土日休みを希望に入れておけば、それに対応した求人を紹介してもらえます。

 

面接の日取りはもちろん、書類の添削や模擬面接などでアドバイスがもらえるので
試験対策も万全にして望めます。一人で転職活動をするより、ずっと心強いですね。

 

土日休みの求人を選ぶときは、その仕事が自分のやりたいことなのかを確認してください。
単に休日だけ取れても、仕事内容に満足しなければ転職の意味がありません

 

看護師だからとあきらめずに、土日休みの求人を探しましょう。

複数の会社に無料登録するのが一番効率が良い!

看護師転職サイトはすべて無料で登録できます。
せっかくですから、複数登録してしまいましょう。求人を探す選択肢が広がります。

 

例えば、産業看護師の仕事を扱うサイトを2か所登録します。
一方で希望の求人が見つからなくとも、もう片方で求人が見つかるかもしれません。

 

また、双方のコンサルティングを比較して、より自分に合っていると感じたところを
メインに使っていくというように、サイト自体の良しあしを知ることもできます。

 

ぜひ、複数のサイトに登録してください。

 

サイトを選ぶ例として希望職種を挙げましたが、口コミを参考にしても良いでしょう
実際に利用した人の声を知ることで、サービスの質を大まかに知ることができます。

 

ただし、口コミ情報は利用者の主観で構成されています。そのすべてが
貴方に当てはまるわけではありませんから、参考程度にご覧ください。

 

転職サイトの中には「転職支援金」といって、特定の求人に採用された
方に対して支援金を発行しているところもあります。

 

金額はサイトごとにまちまちですが、求人の内容次第では狙ってみても良いでしょう。

 

看護師転職サイトを利用する最大のメリットは、何といっても
転職活動にかかる時間を大幅に短縮できることです。

 

求人探しはコンサルタントに依頼できますから、在職中からの転職活動も可能です。
収入がなくなる心配もありません。

 

一端登録してみて「自分と合わない」と感じたら、登録解除もできます。
また、勧められた求人を断ることも可能です。

 

転職サイトは、利用者の転職が成功するようにサポートするのが仕事です。
満足のいく転職のため、存分に利用してください。

看護師の転職成功5つのステップはこれだ!

自分のキャリア整理

これまで経験してきた仕事内容・得意分野を整理します。
過去に勤めた病院をリストアップ、複数ある場合はそれぞれ何年いたかを書き出します。

 

病院ではどの科に属していたか、どんな仕事をしていたかをできるだけ詳しく記録してください。
ここで自分のキャリアを明確しておかないと、転職の条件が決まりません。

 

転職サイトのコンサルタントは、希望条件をもとに求人検索をしますから、
より具体的にしておけば、希望とぴったり一致する求人が見つけやすくなります。

 

求人情報を集める

自力で検索して求人を集めることもできますが、ココはコンサルタントに探してもらいましょう。
予め希望条件を伝えておけば、それと一致した求人を探してもらえます。

 

これだけは外せない!という条件が複数あっても大丈夫。
全国各地の求人の中から、選りすぐりのものを紹介してもらえます。

 

紹介された求人の中からどこに応募するかを決めるのですが、
仮に自分と合わない求人ばかりだったときは、もう一度探してもらうこともできます。

 

妥協せず、納得のいく求人が見つかるまで粘りましょう。

 

応募する

応募したい求人があれば、コンサルタントにその旨を伝えます。
面接の日程調整を行ってもらえるため、自分で連絡する手間が省けます。

 

また、模擬面接や履歴書・職務経歴書の添削といった試験対策も行えます。
病院独自の質問傾向や上手な受け答え、自分の経歴をうまくPRする方法など、

 

プロの目線で指導してもらえるので存分に活用しましょう。
転職サービスによってはコンサルタントが面接に同席し、勤務条件交渉をおこなってくれる場合もあります。

 

お子さんがいて面接に同席できない時は、託児所の手配もしてもらえるのでご心配なく。

 

面接を受ける

中途採用試験の形式は病院ごとに異なります。面接のみ・面接と小論文など様々な形式が
あるため、あらかじめどんな試験が行われるのかを確認しておきましょう。

 

先ほどコンサルタントに同席してもらえると述べましたが、これがマイナス要素となる事はありません。
ただ、志望動機やPRなどは自分自身で伝える必要がありますから気を付けてください。

 

コンサルタントの役割は、あなたが伝え損ねたこと・伝えにくいことをフォローすることです。

 

面接の際には、結果をいつまでにもらえるのか必ず確認してください。
合否に係らず連絡が来るか・採用者のみ連絡かも合わせて確認しましょう。

 

これによって、現職場の離職時期を明確にできます。

 

既存の職場を離職へ

転職先が決まったら離職の手続きをします。現在の仕事の引き継ぎ、直属上司や
人事部に対する離職の報告、お世話になった人へのあいさつなど様々なことをしなければなりません。

 

退職願は2カ月以上前にだし、自分が抜けても職場に迷惑がかからないように引き継ぎを行ってください。
離職後の収入も考えると、次の職場が決まってから退職願を出すのがお勧めです。

 

ただ、転職先や元の病院の都合もありますから、双方の事情をよく考えたうえで退職時期を決めましょう。

 

退職後から転職活動をする場合は、早期に転職をさせたいとコンサルタントに伝えてください。
時間をおかずに求人を紹介してもらえます。